業務独占資格とは?

業務独占資格とは、ある特定の業務を行うためには特定の資格を必要とするようなものを指します。
例えば医師がこれに当たります。
医師免許を持っていない人が外科手術を行うことはできないのです。
このようなものは非常にたくさんあります。
運転免許証を取得していなければ公道を運転することは出来ませんから、運転免許も業務独占であるといえます。
交通事故を起こした場合には業務上過失ということになりますから、運転という業務を行うために運転免許を取得するということになっているのです。
ですから、定義の上では運転免許も業務独占であると言えるでしょう。
しかしながら、業務独占といった場合には医療系の業務や特定の技術が必要な業務に関するものを指す場合が多いようです。
医療に関するものには業務独占のものが多く、試験を受けるためには大学や専門学校などを卒業しなければならない事が多いようです。
また、学校を卒要するだけではなくて一定の実務経験を必要とするものもあります。
例えば建築士は建築司法によって定められている国家資格ですが、建築士になるためには実務経験が必要となります。
大学の建築課程や専門学校を卒業すると、授業の中に実習が組み込まれていて、これが実務経験の代わりとできる場合もあります。
そして建築士の資格を持っていないと出来ない業務もたくさんあります。
このように業務独占資格は、その資格を持っていないと特定の仕事をすることが出来ませんから、就職に有利なものも多くあります。
LECキャンペーンを狙え!【割引クーポンで激安】